2013年02月25日

鴨とねぎ…1)鴨とアンチエイジング

抗加齢指導士のKです。
毎日寒い日が続いてます。
こんな時私は、温かい鴨南蛮が食べたくなります。
(夏は鴨せいろも大好きです)
鴨南蛮温mini.jpg
鴨肉はビタミンB1・B2などのビタミンB群や鉄を多く含んでいます。
特にビタミンB2が多く含まれています。

ビタミンB2はエネルギー代謝に関与し成長を促進し、
皮膚、爪、髪などの細胞の再生に関与するので

「成長と美容のビタミン」

といわれています。

体を作るためにタンパク質が必要ですね。
食事で得たタンパク質は、腸でアミノ酸に分解・吸収して
体の中で改めてタンパク質を作り直しています。
このタンパク質を作る時にビタミンB群が必要なのです。

鉄分は、女性に不足しがちなミネラルで、ご存知のように欠乏すると『貧血』になり、
動悸や頭痛、疲れやすくなるなどの症状が現れます。
たんぱく質、ビタミンCと 同時に摂取すると吸収が良くなります。
鴨肉の鉄分は、ほかの食肉(牛・豚・鳥)のほぼ4倍も含まれています。
しかもヘム鉄タイプで、体にとても吸収されやすいのです。

また、鴨肉には脂質に特徴があり、不飽和脂肪酸の含有率が高いと言われています。
中でも体内でDHAに変わるα―リノレン酸を多く含有しています。
ご存知のとおり不飽和脂肪酸は、血中コレステロールを下げ、生活習慣病予防に役立ちます。

次回のテーマは、もちろんネギとアンチエイジングです。

今夜もやっぱり・・・鴨南蛮を食べようかな?

2012年07月19日

じゃがいもが沢山収穫できました!

今年も沢山のじゃがいもが収穫できましたぴかぴか(新しい)

種類は男爵とメークイン。
男爵は茹でるとホクホクとした食感。
メークインは煮込んでも型崩れしにくいのでカレーや煮込み料理に適しています。
今年はメークインが沢山収穫できたので、早速カレーを作りましたレストラン
ウーーン 美味しいグッド(上向き矢印)

●じゃがいもの栄養
じゃがいもは、芋類の中ではビタミンC、葉酸、カリウムなどを豊富に含んでいます。

・ビタミンC
ビタミンCは熱と水に弱いのですが、じゃがいもの場合 はでんぷんに守られている為、調理してもほとんどビタミンCが失われません。ビタミンCはお肌に良いだけでなく、血管や神経に対しても効果的な働きをします。
年齢を重ねると血管や神経が弱くなりますが、積極的 にビタミンCを摂ることはアンチエイジングにつながります。

・カリウム
カリウムは血液の中の塩分を体外に出す作用を持ち、体内の塩分のバランスをとって高血圧や動脈硬化の予防やむくみ防止に効果的です。

●じゃがいものカロリー
じゃがいもはカロリーが高いイメージがありますが、実はエネルギー量はご飯の半分しかありません。
栄養が豊富でカロリーも低いじゃがいもは、満腹感を味わえる上に太りづらいという効果がありダイエットに最適な食材です。


2012年06月19日

第12回日本抗加齢医学会総会(1)

第12回日本抗加齢医学会総会(1)

今週末、第12回日本抗加齢医学会総会が開催されます。

大会長は、鶴見大学教授の斎藤一郎先生がなさります。

日本抗加齢医学会は、その名の通り医学会ですが、

歯科も抗加齢医学の中で大変重要な役割を担っていることの証拠

であります。
(もちろん斎藤先生はじめ本学会の歯科出身の先生方の御尽力のおかげです!)

歯科界の一員として誇りに思うと同時に、
今後も抗加齢医学の中で歯科の役割に大きな期待がされていると
身が引き締まる思いです。

今回は、当院歯科衛生士が、学会認定指導士としてシンポジウムでお話させていただきます。