2013年03月24日

料理研究家 脇雅世先生のご講演を聴いて

歯科衛生士のKです。

本日、公益社団法人日本歯科先端技術研究所主催の
学術講演会と市民公開講座が開催され、
東京国際フォーラムに行ってきました。
写真.JPG

その中の一つ、
市民公開講座の料理研究家の脇雅代さんによる
『料理家になるまで、そして今-食を楽しむ-』
についてご紹介します。

脇雅代さんオリジナルレシピのお弁当をいただきながら、写真 (2).JPG
料理家になるために渡ったフランスでの体験や新しい調理法などお話いただき、
楽しく充実したあっという間の1時間でした。

中でも
・真空調理
・分子料理
という内容はとても興味深いものでした。

真空調理とは、食材を生のまま真空パックして
低温(たんぱく質が凝固を始める62℃からた
んぱく質組織内の水分分離開始温度68℃)
で調理する方法です。
それにより、煮すぎ焼きすぎを防ぎ
ジューシーで柔らかな仕上がりになるそうです。
また、素材の栄養価も失われず低カロリーに調理できるというメリットもあります。

今日のお弁当にも真空調理されたチキンのマリネが入っていました。
また、市販の物でもローストビーフなど真空調理されているものが
沢山あり、身近な調理法であることを知って驚きました。

分子料理とは、素材を従来と違ったテクニックで変性=調理し、
可食製品にするものだそうです。
家庭でできる分子料理レシピもいくつかご紹介頂いたので、
早速ためしてみたいとワクワクしながら帰って来ました。

今日の市民公開講座には、当院に通院中の患者様やスタッフも一緒に参加し
とても良い時間が共有できました。
また、この様な機会がありましたら患者様にもどんどん発信し、
良い情報を提供していきたいと思います。写真 (4).JPG

おおはし歯科医院のHP:
恵比寿・おおはし歯科医院
http://www.ohashi-clinic.com


おおはし歯科医院・院長ブログ(院長@恵比寿)
http://ebisuodc.exblog.jp/



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。