2013年02月14日

佐藤聡先生の歯周病のお話@口腔インプラント学会

歯科衛生士のKです。
口腔インプラント学会市民公開講座
『お口から始まる体の健康』

の報告第2回目です。
今日は、佐藤聡先生のお話についての報告です。
i入口.jpg
糖尿病の慢性合併症に
「網膜症」「腎症」「神経障害」の「3大合併症」
があることはよく知られていますが、
「歯周病」も、
糖尿病の6番目の合併症
と言われるようになってきています。

今回の佐藤聡先生は、日本歯科大学の歯周病科教授です。
お優しい丁寧な語り口で、ついつい聞きいってしまいました。
美味しく食べ、楽しく話すためのお口の健康法について、
『お口のお手入れが全身の健康を管理するのに有効』
であることをご説明いただきました。

口の中の二大疾患である
う蝕(虫歯)と歯周病は、
いずれも口の中に棲息する細菌が発症原因です。

これらの細菌、特に歯周病の細菌は、
糖尿病をはじめとするいくつかの重篤な全身疾患と関係があること
が科学的に明らかになってきました。
これらの原因である細菌を除去することが、健康長寿に重要な意味を持つわけです。

細菌を悪さをさせずに適切に除去するには、
1、日々の口腔清掃を適切に行うこと
2、歯科医院にて定期的に専門的ケアを受けること
の両方が大切であると強調されていました。

さて、おひとりおひとりのお口の状態に合った適切で効果のある専門ケアを提供できるクリニックは、限られています。

理想的には、ご自分にあった良質なクリニックに出会い、
できれば歯周病学会やインプラント学会の専門資格を有する歯科衛生士に、
担当制で継続的に専門ケアをお受けになることをおすすめいたします。

歯周病学会認定歯科衛生士、インプラント学会認定歯科衛生士が、
担当制システムで専門的口腔ケアをしてくれる歯科医院のHP:
恵比寿・おおはし歯科医院
http://www.ohashi-clinic.com

おおはし歯科医院・院長ブログ(院長@恵比寿)

http://ebisuodc.exblog.jp/
posted by odc at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック